画像
LINNのアンプLK1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LINNのアンプLK1の魅力と真実に迫る

画像

画像

LINN LK1は1986年に発表されたプリアンプです。
CDの普及によってデジタル音源が主流になりつつあった時期に、デジタル再生のクオリティを高めることを考え抜かれて作り込まれたモデルとして、高い評価を得ました。
また、LINNとして初めてのプリアンプという位置付けであり、革新的なテクノロジーも多く取り込まれています。

デジタルサウンドを意識しつつも、フォノイコライザーMM/MCに注力してアナログの音質にこだわっているのが特長的で、デジタルへの過渡期に生まれたモデルらしい点でしょう。

Phono(MM/MC)、TUNER AUX、TAPE1、TAPE2、Phono入力以外はキャノンコネクターを採用して、ノイズの低減に大きく寄与しています。
また、内部のレイアウト最適化にも注力され、コンパクトながらも素晴らしい性能を発揮します。
登場からすでに30年以上も経過したモデルでありながらも、現在でも高い人気を誇り、その完成度の高さをうかがい知ることができます。

LK1は、幅260mm×高さ75mm×奥行275mm、質量3.2Kgとコンパクトなサイズ感となっています。

今のLED系のパネルと違い、無骨な印象を与えるデザインが当時のアンプらしさを醸し出しています。
リモコン付きモデルですので、操作も容易に行うことができる点も魅力的ですね。
現代的なサウンドとは一味違う、ぎっしりと密度の高い音を、ぜひ体験してみてください。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑