画像
LINNのアンプMAJIK 5100 KSの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LINNのアンプMAJIK 5100 KSの魅力と真実に迫る

2004年に発表されたLINN MAJIK 5100 KSは、LINNが誇る画期的な回路設計技術である「CHAKRA」テクノロジーを搭載した高性能アンプです。

100W出力のパワーユニットをベースとしていますが、より高い性能を引き出すために様々なギミックが施されており、最高のパフォーマンスを発揮するように基盤をデザインして、個々のパーツも厳選したものを採用しています。

細かな点のこだわりであっても、それがパフォーマンスに多少なりとも影響するのであれば積極的に採用する辺りにLINNの強いこだわりが見て取れます。
2チャンネルシステムのバイアンプ・トライアンプ駆動によって高音質をシンプルに再現するパフォーマンスの高さは、圧巻の一言。
オリジナルのスイッチモード電源も特長的で、耐久性が高い点も評価できます。
5チャンネル対応でAV用としても使用できるなど、許容力が高い素晴らしいアンプです。

MAJIK 5100 KSは、幅381mm×高さ80mm×奥行355mm、質量7Kgとなっています。
独特な形の脚を採用しているのは、底面に熱をこもらせないようにスペースを確保するためですが、デザイン的なアクセントとなっています。
その高い性能に対して価格が控えめで、コストパフォーマンスが高いアンプとしても知られています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑