画像
LINN MAJIK DSM/3の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LINN MAJIK DSM/3の魅力と真実に迫る

LINN MAJIK DSMは、初代MAJIK DS-Iからアイデアを得て、HDMI搭載の一体型プレーヤーとして進化させたシリーズです。
MAJIK DSMも、他のLINNのプレーヤーと同様、アップデートやアップグレードを繰り返した結果、MAJIK DSM/3になりました。

ベース部には「CHAKRA」テクノロジーを採用した100Wアンプや安定したパフォーマンスを実現する電源「DYNAMIKパワーサプライ」を搭載しています。
そこに選択の幅が豊富な再生機能をドッキングさせたのがMAJIK DSM/3なのです。

MAJIK DSM/3は、ハイレゾ音源をHDMI経由で再生する際、ハイレゾの高いクオリティを維持しながらD/A変換し、パワーアンプへ入力できることができます。
重みのあるしっかりとした音に再生され、特にボーカルの輪郭がはっきりと感じられるのが特徴です。

また、Konfigを利用することで、LANを介したWeb上の操作でさまざまな設定が可能になります。
音楽ファイルをLAN上のストレージに保存しておけば、パソコンやスマートフォンからの操作だけで連続して再生することが可能です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑