画像
LINN UNIDISK SCの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LINN UNIDISK SCの魅力と真実に迫る

LINN UNIDISK SCは、プリアンプ機能を搭載したマルチチャンネル対応のユニバーサルプレーヤーです。
HDMI端子非搭載の前期型とHDMI端子搭載の後期型があります。
LINNがUNIDISK 1.1の開発、製品化の過程で培ったユニバーサルプレーヤーに関する様々な技術やノウハウを搭載して誕生しました。

外部出力端子はアナログとデジタルの両方を備えており、LINN KNEKTマルチルームシステムにも対応しています。
再生ピッチやAVコントロールの正確さは、LINNの高いエレクトロニクス技術の賜物です。

HDMIが搭載されているタイプであれば、1本のケーブルで映像チャンネルと、複数チャンネルの音声信号を同時に、しかも質を落とさずに伝送できます。
多チャンネルのパワーアンプと直接つなぐこともできるので、組み合わせ次第では夢のようなコンポーネントも実現できるでしょう。
ただし、AAC 5.1ch音声再生に関しては、AACフォーマットの音声規格自体の変化が大きいことから、デコーディングできないものも出てきました。
メーカーサイドも再生できないものがあることを認めたうえで、ソフトウェアのアップデートを予定していないことを明らかにしています。
とはいえ、ハイエンドのユニバーサルプレーヤーとして生産終了後も高い人気を誇る機種です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑