画像
LUXMAN D-06の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LUXMAN D-06の魅力と真実に迫る

2009年に発表されたLUXMAN D-06は、トップクラスのアンプを次々と手がけるLUXMANのノウハウを上手く取り入れて、SACDプレーヤーでもトップランナーを目指すという強い意思を感じさせるモデルです。

PCM方式を取り入れているCDと、DSD方式のSACDの両方に対して、最高のパフォーマンスが発揮できるように、様々な機能を取り込んでいます。
D/A変換を司るLSIは、DSD/PCMに対応したマルチセグメントDACとPCM1792Aをチョイスし、ダイナミックなレンジであるDACを差動出力モードとして単独で搭載しています。

CDとSACDにおけるPCMの再生では、DACの内部でサンプリングにより処理変換して、クオリティの高さを担保。
また、SACDプレーヤーと聞くとデジタルのみで構成するイメージですが、このプレーヤーはアナログ回路にも強くこだわっていて、完全バランス構成を採用して高音質を得ることができる出力バッファーにより、素直なサウンドを作り上げています。

サイズは幅440mm×高さ133mm×奥行410mm、質量15.5Kgとなっています。
高いレベルで作り上げたラウンド配線パターンは、芸術品のような趣を感じさせ、見ているだけでも時間を忘れさせてくれるほどです。

メカニズムとデジタル回路、アナログ回路についてブラッシュアップして、躍動的なサウンドを思う存分楽しめる、このLUXMAN D-06は、高音質技術の粋を集め、圧巻のサウンドである点も大いに評価できます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑