画像
LUXMAN D-38uの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LUXMAN D-38uの魅力と真実に迫る

LUXMAN D-38u

LUXMAN D-38uは、2009年に販売されたCDプレーヤーです。
この時期には、もはやCD自体の人気が低迷し、楽曲配信サービスが定着していましたが、それでもあえて真空管回路と半導体回路を混在させ、高い注目を集めました。

デジタル回路とアナログ回路を如何に変換するかが重要であると考え、変換を担うパーツに、PCM1754を採用することにより、8倍オーバーサンプリング動作を実現し、ナチュラルなサウンド作りを行うことに成功しました。
アナログ回路においては、ソリッドステート式バッファー回路、真空管式バッファー回路をバランスよく組み付けて、低ノイズ化にも寄与しています。

半導体出力と真空管出力を上手く切り替えることができるのも魅力的で、真空管回路を選んだときには、ECC82をライトアップするなどの心憎い演出も楽しめます。

サイズは幅400mm×高さ168mm×奥行280mm、質量9.0Kgとなっています。
アルミマウントと筐体の剛性力アップにより、振動にも強く安定したパフォーマンスを発揮できる土台を作り上げています。
さらに、どのパーツも、厳選したものを使用しているため、長く使い続けても劣化しにくいのが魅力的です。

LUXMAN D-38uは、真空管の特有であるぬくもりがあるサウンドを楽しむこともでき、強いこだわりを感じさせる素晴らしいプレーヤーとしておすすめできます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑