画像
LUXMAN D-05の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LUXMAN D-05の魅力と真実に迫る

2008年に誕生したLUXMAN D-05は、LUXMANとして新たな方向性を示した新Dシリーズの第3弾として開発された2ch専用のSACDプレーヤーです。
また、自社開発されたディスクドライブ・メカニズムである「LxDTM」搭載のプレーヤーということでも知られています。

このモデルでは、トラバースが格納されることになるベース部を、シャーシで覆うことで安定感をもたせていることにより、外部から発生する振動をしっかりとシャットアウトして、正確無比な読み取り性能を確保することに成功しています。

SACDの濃密な情報ソースを余すこところなく読み取り、再生できる土台を作り上げていて、高いダイナミックレンジを確保したDACをマウントしていることで、従来モデルと比較してジッターを1/100以下にまで低減させることに成功しています。
同時に、アナログ回路にもこだわっており、たすき掛け方式を用いたソリッドステート・アンプ回路を介して、インピーダンスを抑えているのも印象的です。

サイズは幅440mm×高さ133mm×奥行410mm、質量14.7Kgとなっています。
10キーが付いたアルミパネルリモコンにより、全ての機能についてリモコン操作できる点にも魅力を感じます。

このLUXMAN D-05は、SACDの持つハイクオリティなサウンドを余すところなく読み取ってスピーカーに届ける事ができ、さらにノイズのカットにも成功したプレーヤーとして、高く評価できます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑