画像
LUXMAN DU-10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LUXMAN DU-10の魅力と真実に迫る

LUXMAN DU-10は、早い段階でDVDオーディオに対応し、さらにSACDの能力を引き出すユニバーサルプレイヤーとして、2001年に誕生しました。

DVD誕生前のCDは、あくまでもサウンドを楽しむためのものであり、映像も盛り込めますが容量が小さいのが難点だったのに対し、DVDは、クオリティの高い映像も同時に盛り込むことができ、その映像とサウンドをより綺麗に再生できる技術を注入しているのが、このDU-10となります。

マルチビットの信号構造であるDVDに対し、SACDはDSDの信号構造となっており、微妙に特性が異なりますが、それぞれにD/A変換ルートやDSDDACをマウントさせて、互いの良さを引き立てるようになっています。
5.1chドルビーデジタルとdtsデコーダーを内蔵することで、まるで映画館のような迫力あるサウンドを楽しむことができます。
同時に、映像関係ではプログレッシブスキャン回路を搭載しているので、チラツキが少ない映像を再現できています。

サイズは、幅467mm×高さ187mm×奥行420mm、質量20.0Kgとなっています。
インターフェイスも充実していて、どんな出力も入力にも対応している万能性も魅力となっています。

Blue-rayが普及した現在においても、DVDは依然として高いシェアを誇り、このDU-10も、まだまだ十分現役で活躍してくれるモデルといえるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑