画像
Mark Levinson JC-2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson JC-2の魅力と真実に迫る

Mark Levinson JC-2は、1974年発表のハイエンドプリアンプです。
Mark Levinson 初期の伝説的プリアンプLNP-2からプロ仕様の機能を外してシンプル化した機種です。

JC-2のJCは設計者ジョン・カールの頭文字をとったもの。
レビンソン氏と親交の厚かったエンジニアで、この前にJC-1というMCフォノヘッドアンプを完成させていたため、JC-2となりました。

他社のモジュールを使っていたMark Levinsonが、JC-2で自社開発モジュールの搭載を始めました。
5個のモジュールで構成されていて、この構成はその後のMark Levinsonのベースになっているといえます。

レモコネクター搭載機種が多いMark Levinsonですが、このころはまだRCAコネクターのみです。
レモコネクターは苦手という方には使いやすい機種といえるでしょう。

JC-2の音質は、Mark Levinsonのほかのアンプよりも自己主張が強い個性的なものです。

回路の構造としては驚くほどシンプルですが、最高グレード部品だけを組み合わせて作られています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑