画像
Mark Levinson ML-1Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson ML-1Lの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson ML-1Lは、1977年春、それまでのプリメインアンプJC-2の電源部やモジュールを改良して売り出されたコントロールアンプです。

電源用のアクティブフィルターと増幅部2チャンネル2段アンプという5個のモジュールからなります。
全段純A級のコンプリメンタリープッシュプル回路で、出入力端子にはLEMOコネクターを使用するタイプです。

電源部の筐体は別になっています。
重量級のアンプが多いMark Levinsonの中にあって、電源部2.2kg、本体2.5kgというのは驚くほどコンパクトです。

ボーカルやパーカッションなどの中音域の再現に長けた機種なので、クラシックよりもジャズやロックを再生すると、心地よさが感じられます。
ハイハットなど金属的な音の消え際を魅力的に再現できるアンプです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑