画像
Mark Levinson ML-2Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson ML-2Lの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson ML-2Lは、オーディオアンプ黎明期から数多くの名機を生み出しているMark Levinsonを代表するモノラルパワーアンプです。

1977年発売の年代物アンプですから、当時の最先端をいく全段ピュアクラスAオペレーションのコンプリメンタリープッシュプル回路も、現代のものと比べたら単純です。
そのため、マルチアンプとして使うと、高音域、低音域ともに物足りなさがあります。
しかし、ネットワークアンプとして使うとMark Levinsonとしての本領を発揮します。

ML-2Lは1977年から1986年にかけて販売されていたロングランの名機。
前期と後期では25Wから50Wと出力が上がった以外にも、音質に違いがあります。
EIコアトランスが箱入りだった前期モデルよりも、ヒートシンクを改善して、フィッシャーのスピーカー端子を搭載した後期モデルの方が音に迫力があり一般には人気です。

また、放熱量の多さがこの機種の欠点なので、消耗の早いパーツをこまめに調整するのが大事です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑