画像
Mark Levinson ML-7Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson ML-7Lの魅力と真実に迫る

Mark Levinson ML-7Lは、初期のMark Levinsonの中でもとくに傑作とされるプリメインアンプML-7シリーズの後期モデルです。

初期のMark Levinsonにおいて、超が付くほどの名機とされているML-3設計者と、このML-7Lの設計者は同じトム・コランジェロです。

それまで、Mark Levinsonは、プリメインアンプにモジュール回路を採用してきました。
しかし、ML-7シリーズでは2個のフォノアンプと2個のラインアンプによるプラグイン構成を採用しています。

ML-7Lを含むMark Levinsonのプリメインアンプには、左右独立したゲインコントロールが設けられているのが特長といえます。
BALANCEと書かれている部分でゲインを調整することで音質が変わる仕組みです。

フロントも黒1色が多い初期のMark Levinsonの中では珍しいウッドケースのモデルです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑