画像
Mark Levinson No26Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No26Lの魅力と真実に迫る

Mark Levinson No26Lは、Mark Levinsonがマドリガル・オーディオ・ラボラトリーズとなってから売り出した最初のコントロールアンプです。

マドリガル・オーディオ・ラボラトリーズでは、それまで
マーク・レビンソン氏が独断で理想の音作りをしていたのに対し、グローバルスタンダードと普遍性を追求するため合議制が取り入れられ、また新しい形で躍進しました。

No26Lでは、惜しみなく高品位部品ばかりをつぎ込んでいた初期のMark Levinsonが放っていた狂気じみた官能的な音質は失われています。
ただし、個性やクセはなくなったものの、オーディオ機器としての正確性はむしろ新体制になってからの方が上です。

新体制が求める普遍性の高い音質の中に、旧体制が誇っていたサウンドの余韻が残るNo26Lは、過渡期の名機といってよいでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑