画像
Mark Levinson No26SLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No26SLの魅力と真実に迫る

Mark Levinson No26SLは、同ブランドのコントロールアンプNo26Lを進化させたモデルです。

No26SLは、オーディオ機器初のテフロンプリント基板採用モデルとしても知られています。
先に発売されたNo26Lでは、配線の相互干渉などガラスエポキシ基盤(FR4)が原因とみられるトラブルが発生しました。
そこで、トラブルが発生しにくい新たな基盤を探した結果、たどり着いたのがテフロンプリント基板です。
テフロンプリントには適度な柔らかさがあり、振動が発生しにくいことがトラブル解消に役立ちました。

それ以外のパーツや回路はNo26Lと同じで、完全分離の純A級のモノラルプリアンプを2台搭載したデュアルモノラル構成です。
音質を追求するうえで邪魔になっていたスイッチコンタクトは、入力段から出力段までで最大でも2カ所までに抑えています。
これは、Mark Levinsonの独自技術、マトリックス方式の高精度リレーコントロールによって実現しました。

電源部にも品質の高いトロイダルトランスやコンデンサなどをそろえたことで、安定感と力強さの両立が可能になっています。

深く厚みがある低音部が、音楽を生き生きと感じさせてくれる逸品です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑