画像
Mark Levinson No27Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No27Lの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson No27Lは、1989年発売のデュアルモノラルアンプです。

ステレオパワーアンプと呼ぶ人もいますが、No27Lは電源から左右にかけて完全分離している構造なので、あえてデュアルモノラルアンプというべきでしょう。

2基のトロイダルトランスと大容量コンデンサに無酸素銅ブスパーを組み合わせることで、回路を最短にしています。
パワートランジスタへの電源供給をスピーディーに行える構造になっているため、立ち上がりのよさは抜群です。
徹底したノイズ対策が取られており、入力段・出力段共に、可能な限りインピーダンスを減らす設計になっています。

電源を入れた直後は大量の電流が一気に流れて、電源部やスピーカーユニットの部品破損が起こりがちです。
部品破損を防ぐために、サージリミッター回路やプロテクション回路などを採用しています。

入力端子に、n型ハイカットフィルターやDCカットコンデンサーなどを使用している点も特長です。

Mark Levinsonの音というと、やや硬めで分厚さを感じる低音が印象的ですが、No27Lは中音にも厚みがあり、高音へかけての伸びも悪くありません。
音質への影響を重視して回路設計を行うMark Levinsonのこだわりがサウンドに表れている機種です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑