画像
Mark Levinson No28Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No28Lの魅力と真実に迫る

ハイエンドオーディオの代表的なブランドMark Levinsonは、1991年にコントロールアンプNo28Lを発表しました。
Mark Levinson No28Lは、本体部(No28L)と電源部(PLS-228L)からなる、必要最低限の機能を備えたコントロールアンプです。

外観は上位機のNo26Lに似ていますが、最新の技術が搭載されているNo38のようなフルバランス構成になっているところがNo28Lの特長でしょう。

No28Lでは、Mark Levinson独自の技術であるDIDIOを搭載、音質をバランス良く信号処理し、ひずみやコモンモードノイズを最小限に抑えることに成功しています。
さらに、この技術の効果を上げる新開発のアッテネーターも搭載され、機器の摩擦や温度変化にも強いコントロールアンプになりました。

時代が変わってもオーディオファンからの人気が衰えることのないNo28L。
その人気や憧れは、Mark Levinsonの「原音に忠実なハイエンドオーディオ」というポリシーに基づく高い技術が勝ち得たものといえるのです。

Mark Levinson No28Lは中古市場でも、高い音質を聴き分けるファンからの人気を誇るコントロールアンプなのです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑