画像
Mark Levinson No320Sの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No320Sの魅力と真実に迫る

Mark Levinsonは、オーディオシステムをセットでそろえると軽く1000万円超となるハイエンドオーディオメーカーです。

ハイエンドオーディオと呼ばれる商品ジャンルを確立したMark Levinsonは、2004年にアメリカのコネチカット州からマサチューセッツ州へ工場を移転しました。
新工場から発売されたのが、リファレンスモデルNo32LのArlon N-25基板技術を受け継ぐ、初めてのコントロールアンプNo320Sなのです。

電源内蔵型の構成を採用しているNo320Sには、新開発の電源回路が搭載されています。
余計な雑音を減らしクリアな音質を実現するために、電源回路をシールドカバーで覆いオーディオ回路と分離させました。
これにより、No320Sは内蔵型ながらNo32L のシステムに近づくことに成功したのです。

No320Sには、明るい音を求めている場合には重すぎると感じられるなど、聴く人によって好みは分かれるかもしれませんが、生演奏に近い豊かな臨場感や重量感、低音域がからは、どっしりとした安定感が感じられるでしょう。

Mark Levinsonが目指す音質の安定性、明確性が向上したNo320Sは、「プリアンプのMark Levinson」の名を世界中に広めることになりました。
これからも、Mark Levinson No320Sは、揺るぎなきハイエンドオーディオとして君臨し続けることでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑