画像
Mark Levinson No326Sの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No326Sの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson No326Sは、リファレンスプリアンプとして1999年に発売されたNo32Lの上位モデルです。

究極の音質とプリアンプの理想形を目指し、No32Lの技術と最新鋭のオペレーションを融合して作り上げられました。
アナログ回路には、No32Lで使われていたのと同じ高精度ディスクリートアッテネーターを採用しています。

メインオーディオ回路の基盤素材には、きわめてノイズが少ない理想的な素材としてArlon N-25を選びました。
全体的に高品位パーツを惜しみなく投入している点は、Mark Levinsonのスピリットを感じさせます。
無音部分でさえ音楽としてローノイズ再生し、演奏者の息遣いまでも忠実に再現するクオリティの高さは圧巻です。

No32Lから引き継いだ技術と最新鋭のオペレーション機能を1つの筐体内に詰め込むことができたのは、時代のなせる業といえるでしょう。
どんなソースを再生するかによってゲインを細かく調整できるので、再生ソースごとに最適なレンジに設定しておけるのも魅力です。
No32Lと同様、クオリティの高いアナログ再生を可能にするフォノイコライザーモジュールをオプション増設できます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑