画像
Mark Levinson No32Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No32Lの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson No32Lは、Mark Levinsonのリファレンスモデルとして1999年に発表したプリアンプです。

Mark Levinsonといえば、理想とする音のためには一切の妥協を許さない姿勢がよく知られていますが、過去に登場したすべてのMark Levinsonから受け継いだ理念と技術を、最新鋭のテクノロジーと融合して作り上げたNo32Lはアナログプリアンプの究極モデルといえます。

電源ボックスはアルミの切り出し、オーディオ用ボックスはアルミダイキャスト成型、モノラルのフルバランス・オペレーション回路を左右対称に配置しています。
クオリティも精度も高い再生が可能になりました。

また、No32Lが発売された時期は、アナログディスクが再注目されていた時期と重なります。
そのため、アナログディスク再生用に、フルバランス・オペレーションのMC/MMフォノイコライザーモジュールがオプションとして用意されてあり、本体の一部として組み込めるようになっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑