画像
Mark Levinson No331Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No331Lの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson No331Lは、モノラルアンプN33Lのドライブ能力を受け継いだ機種として1995年に発売されました。

デュアルモノアンプなので、電源部を含む出入力回路は左右独立した構造になっています。

電源部には、左右別々に大容量トロイダルトランスと高性能コンデンサが搭載されているので、低インピーダンスでも理想値に近いドライブが可能です。
電源部と出力端子との間に無酸素銅ブスバーを採用することで、インピーダンスの急激な変動にも対応できるようになっています。

入力段・出力段ともに、負荷変動の影響を最小限に抑えている点がNo331Lの注目ポイントです。
新回路を採用した入力段はバランスとアンバランスの2系統があり、RCA・XLRどちらの入力方式にも対応しています。
出力段ではバリアブル・アダプティブ・バイアス設計を採用して、安定した出力を現実のものとしました。
基盤の配線間で起こる磁気干渉を防ぐために、基板同士をモジュラーコネクターで直結させる方法も採用しています。

音質面では、初期のMark Levinsonと比べると、低音部の厚みが若干欠けている印象ですが、その分透明感があります。
再生する音楽のジャンルによって、評価が分かれる機種です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑