画像
Mark Levinson No335Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No335Lの魅力と真実に迫る

Mark Levinson No335Lは、ハイエンドオーディオのブランドとして評価の高いMark Levinsonのパワーアンプの中でも、駆動力の強靭さとクオリティの高い音質が際立ったモデルです。

40年以上の長きにわたって、コアなファンをうならせてきたMark Levinson らしい音へのこだわりが詰まっており、No33、No33HLの開発によって得た技術力をつぎ込むことによって、1998年11月の販売に至りました。

外観はブラックとシルバーの組み合わせで、見た目も音質も存在感があります。
No335Lの特長は、2000年以降のMark Levinsonが不得手としている中音域の質感も精密に再現できる点で、低音域へ向けた伸びのよさは、くっきりとした音が自慢だった前機種No334を上回るほどです。
重くて分厚さのある低音の魅力は、ウーファー性能がよいことを証明しているといってもよいでしょう。
ただし、シルキーな高音部は好みの分かれるところで、突き抜けるような透明感や、ふんわりとした柔らかさが欲しい人には物足りなさを感じさせるかもしれません。
このように、柔らかみを表現したい女性ヴォーカルやクラシック音源の再生には物足りない面もありますが、ジャズやロックの音源再生には最適なパワーアンプとして推奨できます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑