画像
Mark Levinson No380SLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No380SLの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson No380SLは、1997年、同ブランドのNo380Lと共に発売されたコントロールアンプです。

集積回路などに最新の高品位部品を厳選使用していることから、これまで以上に音質の向上を図っていた様子がうかがえます。
コントロールパネルとしては高い評価を受け、当時はヒット作となりました。

No380SLはNo38SLをハイグレード化したもので、No380Lのスペシャルエディションという位置づけです。

デュアルモノコンストラクションが採用されていて、信号回路も入出力も左右が完全に独立しています。

フルバランス・オペレーションの技術にもさらなる磨きがかけられており、ハイスピード化も進んだモデルです。

ボリュームコントロールには12ビットマルチプレイングDAコンバーターを搭載しています。
コントロールパネルで存在感を放つ大きめのボリュームノブは、No380SLのルックスを特長づけるアイテムの1つです。

電源部の設計を改良することによってノイズの発生を最小限に抑え、静寂時の音を美しく再現することにも成功しています。

深みのある低音域、繊細な中高音域のいずれも誠実に再現できるコントロールアンプです。
スピーカー性能を上手に引き出せるアンプといってよいでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑