画像
Mark Levinson No.383Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Mark Levinson No.383Lの魅力と真実に迫る

画像

Mark Levinson No.383Lは1992年に発表されたプリアンプです。
Mark Levinsonらしい、高級感あふれる外観にも定評があるNo.383L。
元祖ハイエンドオーディオブランドMark Levinsonが蓄積してきた、こだわりの高い技術が集結されました。

全部の帯域でクリアな音色を実現し透明感が際立つ、同時代のなかでもトップクラスのプリアンプとして名を残しています。

Mark Levinson No.383Lは、それまでのセパレートタイプのプリアンプ技術を活かし1つの機器にしたという特長があります。
セパレートタイプと同じように、デュアルモノラルコンストラクションを採用。
さらに、フルバランス・オペレーション方式によって余計な雑音をなくしています。

出力は100Wですがドライブ能力が高く、重いコーン紙なども制御可能です。

パワーだけを求めるのではなく、音質にこだわったプリアンプがNo.383L。
Mark Levinsonらしい中低域の粘り、特に低域の音質や表現力が素晴らしい逸品といえるでしょう。

発売から時が過ぎてもMark Levinson No.383Lの需要は多く、今なお憧れのプリアンプとしての高い価値が存在しています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑