画像
McIntoshのアンプC1100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

McIntoshのアンプC1100の魅力と真実に迫る

McIntoshは現在多くのプリアンプ製品をラインナップしていますが、C1100はその中でトップに位置するフラッグシップモデルです。

C1100では2014年までMcIntoshエンジニアリング部門の責任者であったロン・エバンス氏が、製品構想から製品化まで担当しています。
同氏はデジタル全盛期の中、あえて真空管式にすることにこだわり、C1100で12本の真空管(12AX7と12AT7が各6本)を使用しました。
歴代フラッグシップモデルのC100から続く伝統のデュアルシャーシ(筐体)を採用して、電源/コントロール系とアナログ回路を分けることにより、ノイズ等の相互干渉を防止しています。

また、0.5dB単位214ステップのVRV(Variable Rate Volume)デジタル電子式ボリュームを採用することで、アナログボリューム感覚で高精度な音量調整が可能となっています。
外観のデザインに関しては、電源部シャーシのフロントパネルに設けられた「ブルーアイズメーター」と、パネル中央に見えるグリーンのLEDに照らされた真空管が、C1100を美しく引き立たせています。

真空管を現代の最先端テクノロジーとマッチングさせて設計しただけあって、C1100のサウンドは真空管らしい温かみと雰囲気を醸し出しながら、現代のプリアンプに求められるワイドレンジや透明感を軽々と再現します。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑