画像
McIntoshのアンプC500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

McIntoshのアンプC500の魅力と真実に迫る

McIntoshは創業以来、管球式とトランジスタ式の両方のアンプを作り続けて来ましたが、2009年に同社は電源/コントロール部が共通でプリアンプ部はユーザーが両方式から選べるという驚くべきステレオプリアンプを発表しました。
それがC500です。

共通の電源部はC500C、真空管式プリアンプ部がC500T、トランジスタ式プリアンプ部がC500Pと名付けられています。
C500Cとプリアンプを分けることによって、ノイズ等の相互干渉を防止してクリアな音楽再生を実現し、0.5dB単位214ステップのデジタル電子式VRV(Variable Rate Volume)を採用することで、アナログボリューム感覚で高精度な音量調整が可能となりました。

さらに不活性ガス封入サイレント電磁セレクタースイッチを搭載することで、スイッチ接点の劣化を防ぎ高寿命化が図られています。

C500CはC500T、C500Pのどちらを組み合わせても、当時の価格は190万円と変わらず、購入者に「真空管とトランジスタのどちらの音が好きか」という究極の選択を迫る製品になっています。
実際、どちらを選んでもMcIntoshらしい厚みを持ったサウンドを楽しめるので、あとは主に聴く音楽ソースなどから組み合わせを決めたユーザーが多かったようです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑