画像
McIntoshのアンプMA6500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

McIntoshのアンプMA6500の魅力と真実に迫る

画像

McIntosh MA6500は、M6450の後継モデルとして出力がアップされ、本体の高さが少し増したモデルとなっています。
リモコンも装備しており、フォノMM対応となっています。
マッキンの中でも高級機の証である出力オートフォーマーを搭載していないプリメインアンプとして確かな実力を持っています。

マッキントッシュ独自のトーンコントロールにより、高域と低域を±12dBとし、ツマミを中央にすることで回路が信号経路を完全にパスします。
回路は歪の低減、極めて高い高渡性能を実現しています。

出力は120W+120W(8Ω)となっていますが、ピークパワーが約2倍までに達し、チャンネルあたり400Wの出力時でさえ歪みが0.005%を超えることはない素晴らしいものとなっています。

気になるサウンドは、厚みやこってりといった音からは遠いフレッシュさがあるため、高域が繊細に響きます。
さらに、中低域の押し出し感が抜群でボーカルに張りのある印象も与えてくれます。

伝統の漆黒に煌めくガラスイルミネーションとブルーアイズパワーメーターを備え、まさにマッキントッシュという見た目から、所有欲を掻き立てられることでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑