画像
McIntosh MCD7007の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

McIntosh MCD7007の魅力と真実に迫る

McIntosh MCD7007は、同社が1988年に発売したCDプレーヤーです。
McIntoshはアメリカでいち早くCD開発を始めており、1985年にはMCD7000を発売しています。
開発当初は、Philips社のメイン基板とピックアップメカを使用し、アナログ基板だけMcIntoshのオリジナル基板を使用していました。
MCD7007がMcIntosh第3世代のCDプレーヤーといわれるのは、初代のMCD7000、2代目のMCD7005の開発を経て誕生したためです。

DAC部には、4倍オーバーサンプリングデジタルフィルターと2基の16ビットD/Aコンバーターを搭載し、メカベースはアルミダイカスト製です。

奥行きと重みがあるサウンドはジャズ音源の再生に適しています。

MCD7007は、CDプレーヤーとしてはかなり古いものです。
McIntoshのCDプレーヤー開発の歩みを垣間見ることのできるMCD7007です!

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑