あんしん売却。

1961年に設立された日本のオーディオ機器メーカーであるMICRO(マイクロ精機)。
海外ではオーディオ機器における高級品メーカーとしての地位を確立していた過去もあり、人気の高い製品を確かな実力で世界中に送り出していました。

MICROの設立当初は、意外なことに時計や計測機器などのメカ部分を生産していました。
その後にレコードプレーヤーやトーンアーム、各種カートリッジなどのレコード関連の製品生産に特化していきました。

レコードプレーヤーなどの人気はもちろんのことですが、昇圧トランスの生産も行っていた過去があり、MT-500、MT-1000H(ハイインピーダンス対応)、MT-1000L(ローインピーダンス対応)の3種を発売。

それらは造りがしっかりとした堅牢なものとなっており、サウンドはどれもクセのない自然で良質なものとなっています。
見た目はいい意味で昇圧トランスらしいものではなく、とてもシンプルながらも現代でも評価されるほどカッコいいモデルです。

今となってはとても希少性が高く、他社有名カートリッジに対応できるなど、様々な音の色彩を表現することができるため、現在でも広く敬服されているのは言うまでもありません。

MICROの魅力

 

MICRO 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑