あんしん売却。

My Sonic Lab(マイソニックラボ)は日本のアナログカートリッジブランドです。
代表でありカートリッジの設計技術者である松平吉男氏によってアナログ黎明期から日本のカートリッジを支えてきた歴史があります。
その素晴らしい技術は現代に至っても健在で、今もなおMCカートリッジの生産を行っている数少ないメーカーです。

My Sonic Labといえば、実現不可能と言われていた超低インピーダンス、高エネルギー出力のMC型カートリッジであるeminentを2003年に発売し、世界を驚かせましたが、実はそれと同時にMCトランスであるstage202も発売。
stage202が優れたMCトランスとして世に認められた後には、stage302からstage1030にかけて、超低インピーダンスに重きを置いた製品開発を行い、それらを洗練された技術で作り上げていきました。

その要となったのが同社の特殊コア材である「pc-sxii」。
磁気特性による異例とも言える低内部抵抗です。
これにより低音域でのパワフルなサウンドや分析能の向上を図っており、同社MCトランスはさらなる高みへと昇っていきました。

My Sonic Lab(マイソニックラボ)のカートリッジだけにとどまらない技術力・サウンドを是非お試しください。

My Sonic Labの魅力

 

My Sonic Lab 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑