画像
OCTAVEのアンプRE290の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

OCTAVEのアンプRE290の魅力と真実に迫る

OCTAVE RE290は、2011年に誕生したステレオアンプです。OCTAVEは1980年にステレオアンプの製造をスタートし、アップデートを重ねながら、ノウハウを蓄積してきました。

そして、RE280ステレオアンプの進化形として、満を持して登場したのが、RE290なのです。

アンプ回路には、RE280MKIIで高い評価を得た、実績のある回路を搭載しているので、安定感が高いのが特長です。
同時に、真空管にはKT120を採用することにより、高い電流容量を確保することに成功しています。
これにより、再現性が難しいとされていた低インピーダンススピーカーにおいても、余裕を持った再生が可能となったのです。

Black Boxを装着している点にも注目で、どんなスピーカーに対してもアンプの性能をいかんなく発揮する設計となっています。

保護回路システムにより、電源管理に優れている点も、信頼できるポイントです。

また、RE290で注目したいのが、エコモードの存在です。
これは、電力状態を常にコントロールし、音楽信号が10分以上途絶えた場合には、自動的にアンプの消費電力を抑えるシステムです。単に節電できるというだけでなく、真空管の寿命を伸ばすことができるのは、嬉しいメリットといえますね。

スイッチ回路の搭載により、異なる出力クラスのさまざまな出力管で最適な動作を実現し、ハイクオリティなサウンドを楽しむことができるのも、RE290の魅力でしょう。

RE290のサイズは、幅485mm×高さ176mm×奥行408mm、質量25.5Kgとなっています。

1990年に発表されたステレオパワーアンプであるRE280の流れを正統に継承し、OCTAVEのフィロソフィーと叡智が詰め込まれたRE290。
オーディオファイルであれば、ぜひリスニングルームに迎え入れたい逸品です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑