あんしん売却。

世界的に有名である日本の音響メーカーONKYO。
1946年9月に株式会社大阪電気音響社として設立されてきました。
ということは、半世紀以上も歴史があるということですね。

ONKYOの出始めで作られた商品はスピーカーではありません。
ONKYO初の製品はクリスタルピックアップという商品。
今でこそスピーカー関連を中心に販売しているだけに意外ですね。

そして、クリスタルピックアップが売れた収益で、1948年についにスピーカー工場を完成させます!
そこからはスピーカーを中心に開発を進めていき、1956年には日本初のプラスチックコーンスピーカーを発表しました。

その後、1977年に現在でもよく見るONKYOのロゴに一新。
こころざしも新たに、1981年には世界初となる高速録音が可能のダブルカセットデッキを販売し、当時の生活に溶け込んでいく魅力的な音響機器を開発していきました。

そして、現在ではスピーカーの開発を中心に、スマホ業界にも参入。
ONKYOが培ってきた音響技術を凝縮したスマホの販売も行っています。

このように、いつの時代も高品質な製品を生み出し、私たちの時代を彩ってきたONKYO。
半世紀以上も愛され続けている理由が十分におわかりいただけたと思います。

ONKYOの魅力

  • ONKYO Monitor 2000Xの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO D-312Eの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter 5001の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter 3001の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter 2002の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Monitor 500Xの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Monitor 2001の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO GrandScepter GS-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO D-77NEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter 10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter 100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter-F1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter E-603Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter E-503Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter 300の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYO Scepter 1001の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYOは2016年10月にScepterシリーズSC-3を発表しました。 これまで長い歴史の中で培ってきたONKYOの技術に加え、世界初のセルロースナノファイバーを使った振動板を採用。

対応エリア 全国展開中!

I[fBITEh
↑