画像
Ortofon Cadenza Bronzeの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Ortofon Cadenza Bronzeの魅力と真実に迫る

Ortofon(オルトフォン)Cadenza Bronzeは、シリーズの中でも特に贅沢な仕様と最新技術で秀でたMC型カートリッジです。
先発機種のKontrapunktシリーズで採用されていた、金メッキの6N高純度銅線コイルも、搭載されていることは勿論のことです。

特筆すべきは、メーカーオリジナルのダイアモンド針「Replicant(レプリカント)100」を採用していることでしょう。
これは、レコード盤を製作する際に使用するカッターと同じ形状の針で、レコード盤の溝からの情報をすべて逃さずに回路へ伝えることが可能です。

また、信号コイルには、メーカーの新技術である「FSE(Field Stabilizing Element)」を搭載。
リング形の高伝導素材をネオジウム磁気回路に付けることで、微細な磁場変動も調節可能になりました。

本機には、ブラッシュアップされた部品の成果は音色に余すところなく表れています。
メーカーが常に求めているワイドレンジや高解像度が実現したので、立体的な音場感でオーケストラの楽器の位置までが分かるでしょう。

カンチレバーには円錐形アルミニウムを採用し、軽量ながら硬質であるメリットを活かしています。
本機の出力電圧は0.4mVで、適性針圧は2.5g、重量は10.7gとなっています。

透明な音質がオーディオマニアに人気の名機として、今後も需要は絶えることなく、メーカーの伝統と新しい技術の粋を集めた贅沢な機種として、価格が下がることはありません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑