画像
Ortofon CG-25Di MKIIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Ortofon CG-25Di MKIIの魅力と真実に迫る

CG-25Di MKIIは、デンマークの音響機器メーカーOrtofon社のモノラル・カートリッジです。
このルーツは、1948年に開発された業務用カートリッジType-Cに遡り、MCカートリッジの金字塔を打ち立てたSPU(Stereo Pick Up)シリーズより古い歴史があり、Ortofon社製品の中でも伝説的な存在といえます。
現在では復刻版が製造されていますが、基本設計はステレオ再生規格以前のままであり、モノラル再生専用仕様になっています。

Spherical R25μmのダイヤモンド針がモノラル盤の音を忠実に拾い、ステレオとはひと味違う重厚で繊細な響きを生み出します。
とりわけ、弦楽器の高音域の艶やかさと伸びやかさは秀逸であり、中低域では重厚感と迫力、キレの良さも圧巻で、秘蔵のモノラル盤を心ゆくまで楽しみたいときに試したいカートリッジです。

出力電圧0.2mV、周波数特性20Hz-20,000Hz +3/-3dB、適正針圧3.5g、自重37gとなっており、カンチレバーはカッパー、動作は左右方向のみのため、ステレオ盤再生の際は音溝に傷が生じる可能性があるので要注意です。
発売から半世紀以上を経ても、オリジナルデザインと基本コンセプトを堅持し、輝きを失わないCG-25Di MKIIは、音楽のジャンルを問わず、盤の魅力を最大限に引き出す名品であり、愛盤をこのカートリッジで鳴らしてみたいと願っているオーディオファンは少なくありません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑