画像
Ortofon M15E SUPERの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Ortofon M15E SUPERの魅力と真実に迫る

M15E SUPERは、1918年にデンマークで創業の音響機器メーカー、Ortofon社のステレオ・カートリッジです。
Ortofon社は、1960年代にSPU-GTで世界的評価を獲得し、一躍ステレオ・カートリッジのトップメーカーの位置に躍り出ましたが、1970年に入ると4チャンネル・ディスクの登場や、同業他社の追随により、さらなる技術革新の必要性に迫られるようになりました。
そこで、新たに投入されたのがM15Eと、M15Eをさらにブラッシュアップすることにより、超軽針圧化を実現させたM15E SUPERです。

M15E SUPERは、当時の最先端技術が搭載され、繊細かつエネルギッシュな音を表現するカートリッジとして、シビアなヨーロッパの批評家たちにも絶賛されました。
抜群のトレース性能と、パワフルで伸びのある中低域とクリアな高音域は、元来Ortofon社製品が得意とするクラシックをより味わい深く芳醇に、ジャズヴォーカルであれば、しっとりとした艶と伸びやかさを感じさせます。

発電方式はMI型、出力電圧5mV、針圧0.75〜1.5g(最適1g)、再生周波数帯域10-40,000Hz±1dB、チャンネルセパレーション25dB/1kHz、チャンネルバランス2dB、負荷抵抗47kΩとなっております。
発売当初に入手し、愛用し続けている愛好家も少なくないことから、耐久性にも優れていることが伺える、このM15E SUPERは、まぎれもなくオーディオファイルが憧れる、世界的名品の一つと言っても過言ではありません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑