画像
Ortofon MC-Q30の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Ortofon MC-Q30の魅力と真実に迫る

Ortofon MC-Q30は、1978年から続く30シリーズとして開発されたMC型カートリッジです。
本機が発表されると、メーカーが理想とし追及する現代的な音質が実現した機種として、絶賛されました。

Ortofon MC-Q30の音色は、このメーカーらしい骨太のしっかりしたもので、アナログならではの温かさがあります。
また、全体的にダイナミックな印象で、先発機にくらべて格調高く聴こえるのも特徴でしょう。

本機では、カンチレバーに希少な素材のボロンを採用していますが、後発機のOrtofon MC-Q30の時期には、世界的なボロン不足となったため、素材の変更が不可避となりました。
そして、針先の形は、伝統のダイアモンド針「Nude Shibata」を採用しています。

本機の出力電圧は0.3mV、適正針圧2.3g、重量は9gです。

ハイスペックながらコストパフォーマンスが良く、人気のMC Qシリーズの中でも、オーディオマニアに高評価を得たこのOrtofon MC-Q30の取引価格は、簡単に低下することはないでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑