画像
Ortofon MCQ30Sの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Ortofon MCQ30Sの魅力と真実に迫る

Ortofon社のMCQ30SはMCカートリッジであり、2016年10月に登場しました。
Oltofon社はオーディオ機器開発の技術を活かし補聴器用部品などの医療用品なども製造していますが、MC30シリーズの7代目であるMCQ30Sにも同社の100年に渡る豊富な技術が集結されています。

高級カートリッジの代名詞ともいえるサファイアカンチレバーが導入されたことで、トレース能力の高さを実現しました。
Ortofon社の上位機種として人気の高いCadenzaシリーズにも導入されているルビーに近似した性質をサファイアは有しており、剛性のあるカートリッジを製造することに成功しています。

金メッキ6N高純度銅線の発電コイルが採用されたことで、音源からワイドレンジ感が得られます。

ヘッドシェルは、付属のネジを使用することで取り付けることが可能です。

音色としては、トランペットやピアノなどの高域の楽器が耳障りな印象はなく、抑制のある音質だといえます。
コンサートホールで聴いているかのようなダイナミックな音像でありながら、細微な楽器の音色も楽しむことができるのがMCQ30Sの特徴です。
MCQ30Sの透明度の高さは、シンバルの音色を聴いたときに実感することができます。

適正針圧は2.3gであり、自重は9gです。

華やかな音像が特徴的なMCQ30Sは、クラシックやジャズを再生した際にその特性を遺憾なく発揮するでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑