画像
Ortofon SPU Meister Silver MkⅡの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Ortofon SPU Meister Silver MkⅡの魅力と真実に迫る

Ortofon社のSPU Meister Silver MkⅡは、シリーズの中で初となるネオジウムマグネットが導入されたSPUカートリッジ。
1992年に発表されたSPU Meister GE/AEを元に製造されたモデルです。

SPU開発者であるロバート・グッドマンセンは、生涯最高のSPUであるとSPU Meister Silver MkⅡを高く評価しています。

重厚感のある音色が特徴的なSPU Meister Silver MkⅡは、高音域にきらめきを放ちます。

SPU Meisterにはコイルに7N高純度銅線が用いられていましたが、SPU Meister Silver MkⅡには6N高純度銀線が導入されました。

音色はスピーカーよりも奥側に定位するため、幅広い音場感が得られます。
天井まで満たすような広がりのある音像は、コンサートホールで音楽を聴いているかのような実在感を得られるでしょう。
エネルギッシュでありながら繊細な再現力は、往年のジャズヴォーカルも表情豊かに鳴らしてくれます。
力強い中低域が伸びやかな高域を支え、全体的な音像にまとまりを与えています。
ホーンなどの中域の楽器においても低域と高域につぶされることはなく、情報量の多いオーケストラであっても豊かな音色を楽しむことが可能です。

出力電圧は0.3mVであり、周波数特性は20Hz-2万Hz +2/-1dBです。
愛好家からも評価の高いSPU Meister Silver MkⅡは、中古市場において高値で取引される傾向があります。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑