画像
Ortofon RF-297の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Ortofon RF-297の魅力と真実に迫る

Ortofon RF-297はAシェル用のダイナミックバランス型トーンアームです。
オリジナルの性能を受け継いだRF-297は、1985年の復刻モデルとして発売されました。

RF-297は、アームのトラッカビリティが優れていることが特徴的だと言えます。
RF-309をベースとして製作されたRF-297は、EMT社が自社のプレーヤーに搭載するためにOrtofon社へ制作委託したもので、業務用として製作されたため、長い期間継続して製造されています。

50年台末から80年台まで少しずつマイナーチェンジしながら製造されたため、前期・中期・後期に分けることができます。

重厚感のある音色は、アナログ音楽の深みを最大限に引き出すことを可能にするでしょう。
高域は音割れせず自然な音色として奏で、低域は押し出しの強い全身に響くような音色を楽しませてくれます。

Ortofonのロングトーンアームは見た目がスタイリッシュであるため、オーディオ機器を扱い始めたばかりの若者や初心者からも人気が高い傾向にあります。
アナログ音楽らしい深みのある音色を楽しみたいユーザーは、RF-297を選択することをおすすめします。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑