画像
Ortofon RMA-229の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Ortofon RMA-229の魅力と真実に迫る

Ortofon RMA-229は30cm型930プレイヤー用アームであり、1971年~72年頃に販売が終了しました。

Ortofon社では、Ortofon100周年記念限定カートリッジ「The MC Century」を発表し、2018年度のステレオサウンドグランプリを受賞した実績があります。

RMA-229はダイナミックバランス型のトーンアームであり、針圧範囲は0~7gとなっています。

コネクターは、ヨーロッパのプロ規格の特殊型です。

ヘッド重量は17.6g(Tシリーズの重量)にプリセットされていることが、RMA-229の特徴として挙げられます。

EMT専用の端子であり、EMT用のアームレストのマグネット受けがあります。

トーレンスのTD124と形態のバランスが良いことが特徴的で、濃密な音色を奏でることをサポートするトーンアームです。
温かみを感じさせる音色は、ポップスやロックなど幅広いジャンルの音楽にも柔軟に対応します。
ヴォーカルの歌声の再現に優れており、女声でも男声でも立体感のある音色を奏でることに長けています。
女声ヴォーカルの高域のビブラートも音割れすることはありません。

オーディオ初心者から愛好家までが気軽に利用しやすいトーンアームであると言えます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑