画像
Paragon AudioのアンプModel12の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Paragon AudioのアンプModel12の魅力と真実に迫る

1970年代に、アメリカ、カルフォルニアでアンプなどの音響機器を製造販売していたオーディオメーカー、Paragon Audio社は、ハイエンドな機器を提供し、臨場感あるライブ演奏そのままのサウンドを表現することに情熱をかけていたメーカーと言われています。
70年代のわずかな期間しか活動していなかったメーカーのため情報がほとんどなく、海外のオーディオマニアの間でも様々なうわさが飛び交う稀有な存在です。

そのパラゴンの名前が現在まで残っている理由として、真空管コントロールアンプのModel12の存在があります。
その具体的な詳細はもう残っていませんが、Audio Research SP-6を上回るアンプを作る目的で、70年代の中盤に製作されたと言われています。
希少価値の高いアンプとして海外のオーディオマニアの間で人気が高く、解像度の高いサウンドを表現することで有名です。

一方、日本では、作家の五味康祐氏が「オーディオ巡礼」で、最高峰の真空管アンプマランツ#7を超えた存在として評価し、話題になりました。
真空管にはECC83/12AX7を使用し、8本構成を採用して、ノイズが少なく、バランスのとれた音質は右に出るものはないほどで、インピーダンスも、現代のアンプと比べるとやや高めになるものの、パワーのある直線的なサウンドには感心せずにはいられません。

前出の五味氏に至っては、「信じられないくらい音は冴えて美しく響いている」と表現しています。
中古として出回っているものは、オリジナルから改造の加えられたものが多いですが、より高いポテンシャルが引き出されている可能性もあるので、ご自分に合うマシンかどうかは、入手する前に一度試聴することをお勧めします。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑