画像
PHILIPS LHH1000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

PHILIPS LHH1000の魅力と真実に迫る

1988年に発売されたPHILIPS LHH1000は、CDドライブユニットである「LHH1001」、D/Aコンバーターユニットである「LHH1002」、リモートコントロールユニットである「LHH1003」の3つで構成された、CDプレーヤーシステムです。
あえてセットものとして販売したのは、各々の相乗効果によって、最高のパフォーマンスを発揮させたいという狙いがあるのは間違いありません。

LHH1001では、メカニズムにCDM-1を取り入れているのが特徴で、メカニズム全体にアルミダイキャストを取り入れて、安定した駆動を確保しています。
また、電源部分では、信号回路とサーボ系回路を別の基板に分離していることで、お互いが干渉しないように工夫が施されています。

さらに、16bitで4倍のオーバーサンプリングが可能なデジタルフィルターを使用していて、見た目以上にパワフルなサウンドが提供可能となっています。

LHH1003では、FTS(Favourite Trace Selection)などのすべての機能を容易にコントロールすることが可能です。しかも、学習機能があり、コマンドを記憶させることで、面倒な操作を毎回する必要がない点も評価できます。
PHILIPS LHH1000は、セパレート型の筐体としたことにより、いちだんと安定感が増して、クオリティの高いデジタルサウンドを楽しめるユニットとして仕上がっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑