画像
PrimareのアンプA34.2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

PrimareのアンプA34.2の魅力と真実に迫る

Primare A34.2は、2012年に誕生した様々なモードを取り入れたパワーアンプです。

150W×2のステレオパワーアンプモードと、ブリッジモードとして300W×1のフルバランス駆動のモノラルパワーアンプともなるClass-D駆動のパワーアンプの側面を持ちあわせています。

Primareの技術の粋を結集した超高速パワーデバイスUFPDを採用しており、クリーンでピーキーなサウンドの立ち上がりと高出力を得ることができます。
さらに、PFCと組み合わせることにより低歪でクリアなサウンドの実現にも成功しました。
従来のA/Bクラスと比較すると、発熱を最小限に抑えて超小消費電力で優れたサウンドが手に入ります。
プリアンプステージには、オペアンプにBurr-Brown OPA2134とAnalogue Devices AD8512を使用しています。
ゲインをアンバランスRCA/30dB、バランスXLR/24dBでキープさせ、入力インピーダンスも15kΩ前後で安定した可動を実現できます。

A34.2のサイズは、幅430mm×高さ106mm×奥行380mm、質量10.6Kgとコンパクトな形状となっています。

金メッキを施したRCAアンバランス入力端子やハイクオリティスピーカー端子とするなど、厳選した高品質パーツを採用することで、音の純度を高めています。
超低歪で正確なサウンドを実現できる点は、Primare A34.2の大きな長所といえるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑