画像
PrimareのアンプA60の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

PrimareのアンプA60の魅力と真実に迫る

2015年に発表されたPrimare A60は、RE60と組み合わせることを前提として設計されたパワーアンプで、250W×2と、非常に高い出力を確保しています。

Primareが開発した、画期的な超高速Class-D級アンプ回路として名高い、UFPD(Ultra Fast Power Device)を1ch当たり2回路、合計4回路のフルバランス構成でマウントして乗るのが特長です。
スイッチング周波数はオーディオ帯域より遥かに高域な300kHz以上を確保しており、Class-Dアンプで課題となるノイズの元凶となることはありません。
これだけ高機能であると、電源部の能力が重要なテーマとなりますが、この課題をクリアするため、A60ではマッチングの取れたMELFトランジスターを設置することで、瞬間最大出力2600VAと、非常に高いパフォーマンスを発揮するスイッチング電源に仕上げました。
トランジスターのヒートシンクとして、シグナルパスの短縮化とアース回路の引き回しを工夫することで、最適な冷却も可能としています。

A60のサイズは、幅430mm×高さ142mm×奥行385mm、質量10.3Kgと手頃なサイズ感です。

フロントパネルは厚みのあるアルミ板を使用して、ラグジュアリーな仕上げに。
どこか北欧家具を思わせるような美しさと趣が見てとれます。
あらゆる観点で最高のパフォーマンスを発揮する、ハイクオリティなパワーアンプに仕上がっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑