画像
PrimareのアンプI22の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

PrimareのアンプI22の魅力と真実に迫る

Primare I22は2011年に誕生したプリメインアンプです。
Primareの22シリーズはシンプルさを追求し必要な機能のみにアクセスすることに徹底的にこだわった設計が特徴ですが、同機もその特徴をしっかりと受け継いでいます。

Primareのサウンドを親しみやすくしたと言っても過言ではない、最大出力80W×2のハイパワーな出力は、UFPD (Ultra Fast Power Device)とPFC (Power Factor Control)を採用することで成り立っています。
ハイパワーでありながら、超小消費電力でありピュアでクリーンな音質を実現することが可能です。
UFPDでは、フルレンジフィードバックを可能とする技術を取り入れ、全ての帯域において変動が無い様、常に26dBのフィードバックをかけています。
これにより、パルス出力の歪をほぼ完璧に排除することに成功し、さらに安定した出力を取り出しています。

回路はソース選択やボリューム/チャンネルバランスコントロールをアナログ領域で担当し、全てのシグナルパスを最短経路で構成している、音質優先な設計となっています。

I22のサイズは、幅430 mm×高さ106mm×奥行380mm、質量10Kgと軽量なのが良いですね。

入力切替には高品質のリレーを採用し、ソース選択時にポップノイズが発生しない工夫も見られます。
徹底的なこだわりがそこかしこに見られる、ザ!ハイクオリティアンプです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑