画像
QUADのアンプ34の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

QUADのアンプ34の魅力と真実に迫る

画像

QUAD 34は、1982年に誕生したコントロールアンプです。
同社の44モデルとベースとなる構成は共通となっており、入力端子の数だけが異なります。

QUAD34は、ティルトコントロールとベースコントロールをマウントすることで、リスニングルームとスピーカーによる特性変化に敏感に反応できるのが特長です。
オーディオ機器はどうしても使用環境に応じてパフォーマンスが変化しがちですが、このアンプではそのような心配は不要なのです。

ティルトコントロールは全体的なレベルを変化させるわけではなく、緩やかな変化を全周波数帯に対して実施するので、ナチュラルなサウンド作りにも貢献します。
また、ベースコントロールは、LIFT-ポジションとSTEP-ポジションの2構成で、LIFTポジションは小型のスピーカー等による低域での駆動において、特性をスムーズに保つ役割を、STEPポジションは壁やコーナーにスピーカーを設置した時に発生しがちなハウリングを抑制する役割を果たします。

QUAD34のサイズは、幅342mm×高さ84mm×奥行198mm、質量3.2Kgと非常ににコンパクトで軽量な仕上がり。
入力端子にはフォノ入力、チューナー入力、テープ入出力、予備入力を確保しており、QUAD44と遜色ないレベルを確保しています。
別売りのウッドケースも販売しており、インテリアとしても使えるスタイリッシュさも魅力的です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑