画像
QUADのアンプ50Eの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

QUADのアンプ50Eの魅力と真実に迫る

画像

半導体アンプの中でも異端とされたQUAD 50Eですが、QUADの数ある製品の中で最初に半導体を使用したアンプとされ、それまでのシリーズとは一つレベルが違う性能となっています。
この半導体アンプの出力は50ワットとなっており、一般的なスピーカーと接続するには、十二分の出力となっています。
ということから、性能が悪くない限りは、自分が愛用しているスピーカーとつなげても、存分に半導体アンプのサウンドを楽しめること請け合いです。

さらに、このアンプが異端と言われる所以は「音質」にあり、通常このような半導体系は、音に電気っぽさが混じってしまうことが多く、安定した聴き心地ではあるのですが、音の温かみは劣ってしまうのが弱点です。

しかしQUAD 50Eは、半導体アンプでありながら音質は全くの逆で、電気っぽさがほとんどないばかりか、アコースティックの持つ温かさを感じさせてくれます。

さらに、帯域幅は狭めに設定されており、半導体でありながらも、温かさとハッキリとした聴き心地を実現しているため、バラードなどアコースティックを重視した音楽をより魅力的に響かせてくれます。

これらの特長こそが異端である理由であって、半導体ではやや癖のある存在ですが、今ではもう希少種となっているこのモデルで、味わい深い音表現を体感してはいかがでしょうか。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑