画像
QUADのアンプ510の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

QUADのアンプ510の魅力と真実に迫る

1985年に発売されたモノラルパワーアンプQUAD 510の特長は、シンプルなデザイン性と合わせ、音にだけ心血を注いだ真面目過ぎるほど枠にハマった帯域幅と硬くストレートなサウンドです。

帯域幅は、このアンプで採用されているカレントダンピング回路の歪打ち消し成分によって、クロスオーバー歪を抑え、決まった枠内に音を収めるよう工夫されています。
この帯域幅から漏れる場合に修正して、帯域幅にピタリと収める点は、真面目過ぎると思わせるほどで、この真面目さこそ、このアンプの魅力でもあるといえます。

また、硬くストレートなサウンドも、カレントダンピング回路が正確なサウンド表現をすることにより、音の質量や輪郭がくっきりとわかるほどの音を実現してくれます。

このQUAD 510で、これまで聴いてきた音楽をまた別の角度で楽しみながら、さらに新しい魅力を見つけ出してみませんか。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑