あんしん売却。

英国放送協会の研究開発部門にいたジム・ロジャースが創業したRogers
主にプロ仕様のスピーカーなどを手がける会社として、日本でもオーディオマニアに有名。
今回はそんなRogersがこれまでどんな歴史を歩んできたのかに迫っていきます。

Rogersはジム・ロジャースが1947年にオーディオメーカーとして創業しました。
それから開発を進めていき1970年代に、LS3/5aというスピーカーが英国放送協会のスタジオモニターに採用。
徐々に英国内でも注目されるオーディオメーカーとなっていきました。
しかし、その後は経営が思わしくなく,1993年には香港の企業グループであるWo Kee Hong Groupに買収されます。
これがきっかけで、製品の方向性が大きく変わっていきました。

これまで日本への販売はおこなっていなかったのですが、2008年にロジャースラボラトリージャパンを設立し、Rogers製品の日本販売を開始しました。
現在も販売をおこなっており、コアなオーディオマニアに愛される存在として活躍しています。

Rogersの魅力

  • Rogers Studio 1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Rogers LS3/5A 65th Anniversary Editionの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Rogers ExportMonitorの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Rogers LS5/8(8/16)の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Rogers PM510の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Rogers LS5/9の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Rogers LS3/5Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑