画像
SAEC WE-308の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

SAEC WE-308の魅力と真実に迫る

WE-308

SAEC WE-308は、全世界に名を馳せたSAEC社の初代の名機と謳われているトーンアームです。

SAEC社は1971年に東京の大田区大森で創業を開始し、可動性能を追求した末に誕生したダブルナイフエッジ構造を世に送り出しました。

可動性能を究極まで追求した結果、再生時にガタつきを感じさせないダブルナイフエッジ構造が生みだされました。

スタート付近からは大きなトラッキングエラーが発生するケースもありますが、内周でのトラッキングエラーはほとんど発生しません。

また、油漏れを防ぐために、大型のオイルエレベーターが導入されています。

WE-308は長い期間かけてエイジングすることで、より深みのある音色を奏でるようになります。

1971年に発売されたWE-308は、定位の良さと音色の安定感に定評があります。
一聴して、圧倒的な馬力を感じさせる音色は聴き応えがあり、線の細さを感じさせません。
高域にも角は無く、パーカッションなども耳障りに感じることはありません。
透明感のある音色は、ヴォーカル中心のポップスやロックなどの明るい音楽にも相性が良いことが特徴的です。

全長は329mm・有効長は240mm・オーバーハングは5mmです。

長く使用するほど味が出るWE-308は、愛好家にとって一度手にすると手放すことができない逸品だと言えるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑