画像
SAEC WE-308SXの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

SAEC WE-308SXの魅力と真実に迫る

WE-308SX

SAEC WE-308SXは1978年頃発売されたダブルナイフエッジ構造を導入したトーンアームです。

軸受部はダブルナイフエッジであり、ナイフエッジの刃が上下に4枚あることでエッジ受けの上と両サイドから抑え込む構造となっています。

強度の大きな回軸体を構成することを目的として、ナイフエッジの刃は一直線上に揃うように研磨されています。
径が2/100mm以下という超精密度のナイフエッジの刃は、SAEC社の熟練した技術者でなければ実現できません。

経年変化を防ぐために、軸受けの接点部には硬質のルビーが導入されています。

低域の安定感と歯切れの良い音色は特筆すべきものがあり、XYZ軸三軸交差のバランスにも優れています。
音色に広がりと奥行があり、広いオーディオルームで利用した際でもダイナミックな音像を楽しませてくれるでしょう。
中域から低域にかけてボリューム感があり、ビッグバンドジャズなどを聴くとそれぞれの楽器の分離感とエネルギーが伝わります。

1カ月ほどエイジングすることで、音色により力強さと安定感に磨きがかかることが実感できます。

全長は329mm・有効長は240mm・オーバーハングは5mmです。

WE-308SXは愛好家からも人気が高いため希少価値が高く、中古市場でも出回ることは稀だと言えます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑